画像
日本の誇る先進医療、精度の高い検診技術を求めて来日する患者数は着実に増えており「医療ツーリズム事業」の需要は高まっております。

2012年外国人患者の受け入れ数は2万7000人でしたが、2015年には2倍以上も多くなってます。日本政府は2020年の来日外国人数の目標を4千万人を目標に掲げており外国人患者の受け入れ数も11万8000人にのぼると考えております。

日本政府では2011年には医療渡航者の日本長期滞在や、母国との行き来を可能にする「医療滞在ビザ」を創設。政府の後押しで、外国人患者受け入れの支援組織Medical Excellence JAPAN(MEJ)が立ち上がるなど体制整備が進められました。



日本の誇る最先端医療の一部を紹介いたします。
    



新着情報


ホームページの内容は今後充実させていきます。

2017年1月5日 経済産業省、外務省医療ビザの身元保証機関に登録されました。
登録管理 番号:B-045
2016年12月25日 北京愛康鼎程国際サービス株式会社、大連メディカル健康管理株式会社とリンク
2016年12月23日 ホームページを大幅更新
2016年12月20日 当社のホームページを公開しました。


画像 JNT国際医療交流コーディネーター事業部は主に中国語圏の方々を対象にした、来日検診、医療のサポートを目的としています。中国の病院とも連携をしており日本で治療を希望している中国人の皆様をサポートします。


ページのトップへ戻る